こちらは旧サイトとなります。
掲載されている商品は全てSOLD OUTです。
アーカイブとしてご覧下さい。

新しいサイトはこちら。

 
 
today's hike

photo 1  vintage kilim

photo 2  Hans wegner 375 sofa (oak)

photo 3  VC sofa (rose)

photo 4  Hans wegner bookcase (teak)

photo 5  Ole wansher sofa & easy (oak), Peter hvit sofa table (teak), low board (teak)



写真撮りが追いつかず・・・更新が滞ってましたね。 今日も店内は良い雰囲気です。 お問合せ下さい。


お問合せ
 
high back easy chair 290 series (oak wood)
W750 D870 H930 SH400
hans j wegner / getama / denmark / 1953
¥250.000 + tax

名作というのは、デザインの美しさばかりではなく、どれだけ多くの人に愛され親しまれてきたか ということも選考基準に入れるのならば、この1人掛け椅子は間違いなく選考される家具のひとつかと思います。 芸術品ではなく、日用工芸品として長く耐えうる商品の開発に挑んだウェグナー。 彼が思い描いた思想を引継ぎ、さらにもう50年使い続けることができるように、しっかりと修繕を施すことが我々の仕事。 生きる時代も国も違いますが、ウェグナーと一緒に仕事をしているのはとても楽しいです。

ドスン!と座っても安定感のある骨太の構造。 けど、考えられた木部材の組合わせ方によって比較的目線の抜けもよく、フォルム全体の厚みを感じないのはさすが。 また、クッション内部にはスプリングが入っており、ウレタンだけのクッションとは違い耐久性、座り心地に優れています。  ウレタン、生地張替え済み。 フレームには耐退色、耐水効果のあるオイルを浸透させておりますので、日常は水拭きでOKです。 今後の張替えも承ります。 商品はトップコンディション。

「 実際触れて、座ってみて下さい・・・作品が自分の言葉で皆様に話しかけている物語を感じ取っていただきたい・・・ 」  by Hans J wegner      
ぜひ一度試席を。

お問合せ
 
easy chair GE290 & GE240 (oak wood)
Hans J wegner / Getama / denmark / 1960

SOLD OUT。 

僕らの仕事

ハイクでは基本的にウレタン、生地交換を前提としたご購入をお勧めしております。 30,40年経過したウレタンは硬化しボロボロの粉となって床に落ちますし、それ以前に座り心地はまったくよろしくありません。 使い古された生地が直接素肌と触れ合うのは衛生面からみてもよろしくありませんね。 椅子が持つパフォーマンスを最大限活かす為にも、もう一度家具をしっかりとリセットし、お客様の体格に沿う様に微調整をし、末永くお使いいただけるようにご納品差し上げる。 僕らがプロして間に入ることで椅子も、使う人も喜ぶ。 そんな状態を目指しています。 

ただ、残念なことに、あまり言葉はよろしくありませんが、「雑巾仕上げ」と言って、木フレーム、クッションもメンテナンスすることなく雑巾で汚れをふき取るだけで安価に販売してるショップもあるそうです。 当然、耐色、汚れの進行、フレーム、クッション破損などが起こり、「他店で買った家具なのですが、積極的にアフターフォローをしてないらしく・・・困っておりまして・・・」などの相談がハイクへ寄せられることも少なくありません。 その商品を実際に触れることなく、座ることなく、店員さんに納品前のメンテナンス、また購入後のアフターなどの会話しないで購入するのは避けたほうがよいと思います。

僕らもまだまだ未熟ですが、さらに家具達が活き活きと、そしてそれを使われる皆様も活き活きと、末永くご愛好いただけるように、さらに技術力を高めてゆきたいと思っております。

時間あればココも。


お問合せ




 
easy chair GE290 (oak wood)
Hans J wegner / Getama / denmark / 1960

SOLD OUT。 質感のある良い生地を選ばれましたね。 


お問合せ
 
sofa table AT15(oak)
W1800 D600 H480
Hans J wegner / ander tuck / denmark / 1960's
220.000 + tax 

画像をご覧いただければ意匠の美しさを感じていただけるかと。 ウェグナー作品でも突板材で製作される家具が大半ですが、このソファテーブルはオーク無垢材で製作されています。 線と線で構成された意匠は観る人に緊張感を与えますが、その緊張感はオーク無垢材ならではの木質感によって和らげられています。 そこで、これに似合うソファを探したところ・・・ありました、きっとこのソファに合わせる為にこのソファテーブルをデザインしたのではと思わせるソファ・・・それは

GE290 シリーズのソファです。

お互いのフレーム形状が良く似ていますね。 ソファテーブルの上に大きなクッションを乗せて、脚を少しカットすれば290シリーズのベットになりまそう。(そんな商品ありませんが) ソファ座面下にある木部の厚みとソファテーブルの厚みを調べたところ同じ20mm厚でした。 きっと一緒にセットした際のことを考慮し、スゥ〜と、横に流れるそれぞれの一筋の線を大事にしたかったのではないでしょうか。 290ソファとこのAT15ソファテーブル、製作ファクトリーは違いますが、そこにウェグナーの思案思索が働いていたことは間違いない!と、勝手に想像してま〜す。

「無垢材なら反ってしまうのでは?」 という心配をよそに、もう2,30年は経過しているので全く心配ありません。 天板には、木肌の質感はそのままに、耐退色、耐水、耐熱効果のあるオイルを浸透・硬化させておりますの、日常のお手入れも水拭きで結構です。 何かをこぼされてもすぐにふき取っていただければ輪染みの心配はございません。 もし、もし、大きな染み、傷が入ったとしても、無垢材なんでいくらでもリセット可能です。 商品はトップコンディション。






お問合せ
 
easy chair 240 (oak wood)
W700 D800 H730 SH400
Hans J wegner / Getama / denmark / 1960's
¥240.000 + tax

290同様、ウェグナー作ではメジャーな1人掛け椅子ですね。 290に比べるとコンパクト。 座り心地は傾斜角もそれほど深くないので適度に背筋が伸びるポジションです。 結果、ちょいちょい立ったり座ったりが楽チンです。 290は、傾斜角と懐が深いので一度座るとそのままずっと座っていたくなります。 特にハイバックは。 ただし、傾斜角が深いということは、腰に負担がかかるので痛くなってしまう方もいます。 その点では、290に無いものを240が持ち合わせています。 240も290も展示しているので、実際に座り比べていただけると良くわかります。 

それと240はアーム形状、フレームが丸味を帯びているので優しい印象がありますね。 290は質実剛健、硬派なイメージがありますが、240はどちらかというと女性的な印象があるかもしれません。 女性が座るには良い椅子かもしれません。 先き述べた通り、座った際に背筋が伸びてさらに女性が美しく見えますね。  

クッションのスプリング調整、ウレタン交換、生地交換は完了しております。 汚れやすいアーム部には汚れが付き難いオイルを浸透、効果させております。 木部フレームのオークも飴色に。 商品はトップコンディション。 






お問合せ
sofa 290(oak)
Hans J wegner / Getama / denmark / 1960's

SOLD OUT。 290 series sofa。 素敵な生地で張替えましたね。 過去はココ。  






お問合せ
high back easy chair 左奥の290 オーク材
W750 D870 H930 SH400
hans j wegner / getama / denmark / 1953
250.000 yen + tax  ウレタン交換、張替え済み

low back easy chair 中央の290 チーク材
W750 D870 H740 SH400
hans j wegner / getama / denmark / 1953
240.000 yen + tax  張替え前、お好きな生地をお選びいただけます。

詳しくはココをクリック。 安定性、座り心地、耐久性、まさに三冠王!! 右奥はSOLD OUT。 




お問合せ
 
easy chair(oak wood)
Hans J wegner / getama / denmark / 1960's

SOLD OUT。  
 




お問合せ
 
sofa - ge290 (oak wood)
Hans J wegner / getama / denmark / 1960's

SOLD OUT。   この生地に張替えて大正解。  このストライプの生地に出会えてほんと良かった。
 




お問合せ
 
easy chair (oak wood)
Hans J wegner / getama / denmark / 1960's

SOLD OUT。 張替えた生地の質感がとっても良かった。
 


お問合せ
 
sofa (oak wood)
W1800 D820 H710 SH400
Hans J wegner / Getama / denmark / 1960's
480.000yen + tax

いまさらあれこれ説明するまでもないくらい皆様ご存知のソファ。 詳しくは以前に書いたココをお読み下さい。

風合い、質感のあるストライプ生地にやっと出会え、早速張り替えてみました。 ヴィンテージ感が漂うストライプ生地はそうそうあるものではありません。 
ウール80%、コットン20% デンマーク製の生地。 手間のかかる自然な加工を施すことにより耐久性を高め末永くご使用していただけます。

内部スプリング調整、ウレタン交換、張替済み。 この生地にて張り替えたので価格は多少割高ですが、耐久性、風合い、肌触りは格別です。 




お問合せ
 
sofa (oakwood)
Hans J wegner / getama / denmark / 1960's

SOLD OUT。 お客様ご希望により裏面はサクラ色に。 季節ごとに両面楽しめるのも置き式クッションならでは。 
 



お問合せ
 
high & low easy chair (oak)
high : W750 D870 H930 SH400  ¥240.000 + tax
low : W750 D870 H710 SH400  ¥200.000 + tax
Hans J wegner / getama / denmark / 1953

「この古い生地のままが良い! だから、スプリング調整とウレタン交換だけお願い」 と言う方には少しお安くできます。 っが、前のオーナーさんがどんな風に使っていたか分らないですし、特に夏場、古い生地と肌が触れ合う時・・・古いままの生地だと気になりませんか? 赤ちゃんとかいたりすると・・・。 張り替えた方が末永く使えますし、気分も良いですし、オリジナル生地にそんなにこだわらない方が得策じゃ〜ないかと。 よって、価格には張替、スプリング調整、ウレタン交換が含まれております。

木部は全てサンディング(サンドペーパー)済み。 耐退色、耐水に強い自然オイルを浸透、効果させ、特に肘掛部分は汚れやすいので充分な仕上げを施しています。 お手入れは乾拭き、水拭き結構です。   

木部はトップコンディション。 クッションは希望の生地、硬さをお伺いし張替、スプリング調整、ウレタン交換をさせていただきます。 


お問合せ
 
sofa
W1850 D760 H750 SH400  
- - - / - - - / denmark / 1960's
320.000 + tax 

いいですねぇ〜このソファ。 意匠も美しく、木部構成も非常にバランスが良いです。 でも何が一番良いって、通常のソファよりも座面の奥行きが深いのです。 例えば・・・Wegner 290シリーズのクッション奥行きが500なのに対して、これは550もあるです。 でもって全体の奥行きは800をきってなんと760。 いいじゃ〜ないですか〜。 

「 クッション奥行きが深いとどんなメリットが? 」と、声が聞こえてきそうですが、奥行きが深いと脚を上に乗せて胡坐をかいたり、横すわりしてもたっぷりしているのでいろんなポジションが可能なんです。 同じ姿勢でずっと永く座ってられないですよね、特に仕事から帰ってきた夜だと。 脚もカラダもだるいので、いろんなポジションとりたくなりませんか。 脚を乗せてモミモミしたり、横になって脚をアームに乗せて「はぁぁぁ〜 脚だり〜」って言ったみたり。

尚且つ、このソファは座面角度が比較的緩やか(床に対して平行に近い)なので、脚を乗せても、横になっても違和感がないのです。 角度が深すぎると奥にコロンと追い込まれるような窮屈感があるのですが、これはデイベッドっぽい感じでお使いいただけるソファなんです。 もちろんお行儀良くキチンと座っていただいても、適度な硬さのスプリングにより座り心地は良いです。 それと、角度が深くないので ヒョイっと軽く起き上がれます。

フレーム本体はチーク無垢材。 腕を乗せる部分に関しては耐退色、耐水硬化のあるオイルを浸透・硬化させてます。 あくまでも当社の仕上げは木質を生かす仕上げとなっておりますので、いやらしい艶感はございません。 クッション内部にはスプリング(調整済)、ウレタン交換済。 生地も張替済でオランダ製の輸入生地を使用しております。 商品はトップコンディション。 一度、ご試席を。    


お問合せ
 
sofa table (solid teak & solid oak)
W1600 D500 H500  
hans j wegner / ander tuck / denmark / 1950's
oak : 220.000 + tax 
teak : 240.000 + tax 

オークとチーク素材のウェグナー作のソファテーブル。 なんと天板が無垢材なんです。 このしっとりした感じは無垢材ならでは。 木目の深みも突板とは大きく異なりますね。 仮に輪染みができてしまっても無垢材であればメンテナンスはとっても楽チンだし、いくらでもリセットできます。 脚も当然ながら無垢材。テーブル長手方向に対して、幅の狭い脚面を見せることでさらに全体がシャープに見える効果があります。 短手方向から見ると、幅の厚い脚面が見えます。 どのようにこのソファテーブルを見る機会が多いか? そして、構造的な強度を求めた結果、このような意匠になったのではないでしょうか。 (私の勝手な想像ですがね) これはGE290のソファアームに関しても同様のことが言えます。 魅せる角度、見える角度、そして強度。 全てを考え抜いた上でのデザイン。 だからこそこうして50年経過した今でも使い続けることができるのではないでしょうか。

さすがに40年経過した天板は汚れていましたが、完璧にリセットしなおしました。 天板には耐水、耐退色、耐熱効果のあるオイルを浸透、硬化させております。 水拭きもまったく問題ありませんし、それによる色あせのご心配もありません。 商品はトップコンディションです。
お問合せ
hans j wegner  290 series  張替完了。 納品前にパチリ。 




hans j wegner  240 series  珍しくチークのセットが入荷。 




hans j wegner  240 series  お客様の希望で薄い緑色に張替。




全て SOLD OUT となっております。 最新在庫はショップへ。 

お問合せ
hans j wegner  cabinet   




hans j wegner  290 high back easy chair & 240 easy chair  




hans j wegner  240 sofa set  




全て SOLD OUT となっております。 最新在庫はショップへ。 

お問合せ
hans j wegner  290 series




olvai hanninen  表面。 欲しい。 




olvai hanninen  裏面。 滅多に出会えないデスク。




alf svensson  傾斜角が絶妙。 カラダしっかり預けれます。 




hans j wegner  木の色に合わせ生地は葉っぱ色に張替。 




hans j wegner  290 series ココ




hans j wegner  290 series




arne vodder  絶品。  




全て SOLD OUT となっております。 最新在庫はショップへ。 


お問合せ
 
3 seat sofa GE290 oak

W:1800mm D:820mm H:710mm SH:400mm
Hans wegner / Getama / Denmark / 1960's
¥400,000 + tax 価格にはスプリング調整、ウレタン交換、お好きな生地での張替え含む。<

名作というのは、デザインの美しさばかりではなく、どれだけ多くの人に愛され親しまれてきたか ということも選考基準に入れるのならば、このソファは間違いなく選考される家具のひとつかと思います。価格、座りやすさ、耐久性、素材など先を見通した熟慮の結果、今日に至るまで製造され、そして世界中で愛され続けられています。

芸術品ではなく、日用工芸品として長く耐えうる商品の開発に挑んだウェグナー。結果我々も、どのソファよりもコンディションの良い個体を数多く仕入れることができ、お客様へ引き渡すことができました。彼が思い描いた理想を 引継ぎ、さらなる時間の経過を見据えしっかりと修繕を施すことが我々の仕事。生きる時代も国も違いますが、ウェグナーと一緒に仕事をしているのはとても楽しいです。

ドスン!と座っても安定感のある骨太の構造ではありますが、考えられた木部材の組合わせ方によって比較的目線の抜けもよく、フォルム全体の厚みを感じないのはさすがだなと思わせてくれます。またクッション内部にはスプリングが入っており、ウレタンだけのクッションとは違い耐久性に優れ、そして適度な硬さと弾力は座る人と選ばず軽やかに包み込んでくれます。

在庫品は張替え前の状態で保管しております。 今後、安心して末永くご使用していただくにあたり、ハイクでは張替えした商品のみをお届けします。 内部ウレタン、スプリングの状態がわからないまま納品差し上げることも問題ですし(ウレタン劣化により粉が床に落ちるなど、小さなお子様、ペットがいる場合は特に注意が必要)、 また前オーナーがどんな状況で椅子を使用していたかわからないのも問題です(ペットを飼っていたり、長期に渡って納屋に保管することによって虫つきなど)。  店頭にて張替え生地ご用意しています。

尚、画像掲載分は客注分となり張替え済み&納品前となります。 他GE290は残すところ数台のみとなりました。 ハイバックもご用意しております。 


お問合せ
 
desk rose wood

W:1500mm D:800mm H:720mm
----- / ----- / Denmark / 1960's
¥300,000 + tax

いつの日か自分の山小屋を構えることができ、しかも書斎もあるならば。

・・・・壁面には自分の好きな本だけを集めた本棚。寒さ対策の為に敷いたラグの上には、すわり座り心地のよさそうな1人掛け椅子。アームにはだらりと毛布が掛かってる。もうすっかり日も暮れて鳥たちも鳴いてない。ただ落葉松が北風にあおられて寒そうな音を奏でてる。机に座り本を読むが、気になることを急に思い出し、いつのもメモ帳にのらりくらりと書き留める。机の先にある腰窓から望む秋の気配。冷え込む前に屋外に干したストーブ用の薪を持ってこなきゃと思い立ち、膝にかけた毛布を取り払い、木目の美しい机に手をそえてゆっくりと席を立つ。居間に通じるドアを開ければ、あぁやっぱり婆さんはソファで寝てしまっている。今夜の夕飯なんて言ってたっけ・・・・。

僕が爺さんになってこんな風にのんびりだらりと過ごせたらよいなぁ。

細部にまで凝った意匠によりデスク全体から優美さが醸し出されています。視線の抜けもよく、圧迫感を感じさせません。ローズウッドの木目も非常に美しいです。コンディションの問題もございません。山小屋だけじゃなく、普段のお仕事にもどーぞ。
お問合せ
 
3 seat sofa GE290 oak

W:1800mm D:820mm H:710mm SH:400mm
Hans wegner / Getama / Denmark / 1960's
¥400,000 + tax

名作というのは、デザインの美しさばかりではなく、どれだけ多くの人に愛され親しまれてきたか ということも選考基準に入れるのならば、このソファは間違いなく選考される家具のひとつかと思います。価格、座りやすさ、耐久性、素材など先を見通した熟慮の結果、今日に至るまで製造され、そして世界中で愛され続けられています。

芸術品ではなく、日用工芸品として長く耐えうる商品の開発に挑んだウェグナー。結果我々も、どのソファよりもコンディションの良い個体を数多く仕入れることができ、お客様へ引き渡すことができました。彼が思い描いた理想を 引継ぎ、さらなる時間の経過を見据えしっかりと修繕を施すことが我々の仕事。生きる時代も国も違いますが、ウェグナーと一緒に仕事をしているのはとても楽しいです。

ドスン!と座っても安定感のある骨太の構造ではありますが、考えられた木部材の組合わせ方によって比較的目線の抜けもよく、フォルム全体の厚みを感じないのはさすがだなと思わせてくれます。またクッション内部にはスプリングが入っており、ウレタンだけのクッションとは違い耐久性に優れ、そして適度な硬さと弾力は座る人と選ばず軽やかに包み込んでくれます。スプリングもメンテナンス次第でさらに座り心地が良くなります。

「実際触れて、座ってみて下さい・・・作品が自分の言葉で皆様に話しかけている物語を感じ取っていただきたい・・・」 by Hans J wegner      ぜひ一度試席を。

ウレタン交換、生地張替え済み。フレームメンテ済み。フレームには耐退色、耐水効果のあるオイルを浸透させております。今後のメンテナンス、張替えも承ります。

追記:GE290 Low back(oak) & high back(teak) 1人掛け椅子の在庫もあります。お問い合わせ下さい。
お問合せ