こちらは旧サイトとなります。
掲載されている商品は全てSOLD OUTです。
アーカイブとしてご覧下さい。

新しいサイトはこちら。

 
order made - desk (walnuts)
W1750 D560 H700  
hike / japan / 2011
240.000 + tax 

お客様のご依頼により製作したワーキングデスク。 お部屋の凹にぴったり合うように。 なのでDが560と浅いです。 ウォルナット無垢材と黒い金物脚。 天板が大きく、引出もなく、足元スペースたっぷり。 キャスター付椅子ならば右へ左で移動が楽で、天板全部使い切れそう。 いろいろな作業ができそうですね。 


お問合せ
 
order made - desk (oak)
W1100 D650 H750  
hike / japan / 2011
250.000 + tax 

「パソコン本体を収納、高さは慣れたH750に・・・」他希望サイズと素材を伺いし製作したワーキングデスク。 長時間パソコン作業をするお客様でかなり具体的に希望するサイズ、意匠のご指示をいただきました。 天板、引出前板にはオーク無垢材を贅沢に使用したワーキングデスク。  一日の大半を過ごすデスクだからこそ大事に、末永くご使用されたいとおっしゃってました。


お問合せ
order made - speaker stand
L size : W305 D305 H400  set ¥85.000 + tax
S size : W190 D160 H250  set ¥55.000 + tax
hike / japan / 2011

スピーカースタンドを製作しました。重量をかせぎ、振動も抑える為の丸球(Φ4mm)・充填剤を角パイプ内部に入れたいとの希望。 充填用の穴を一つだけにしたく、角パイプつなぎ目が全て通るようにしました。 今頃は英国製のスピーカーのスタンドとして活躍してくれてるはず。


お問合せ
 
order made - kitchen table (solid oak)
W800+300 D450 H700
hike design / japan / 2010
230.000 + tax 

朝、軽食を食べる際のモーニングテーブルとして、 二人座る場合もあるので天板が広がると便利、 料理をする際の作業台として、 できるだけシンプルに、 金物を使ったりするのではなく、 無垢材で・・・」 と、リクエストを受けまして、 このテーブルを製作しました。 料理に関するお仕事をされる方で、 テーブルの使用方法などは明確、 なかつ自分が好きなカタチもよくご存知で、 幾度かのスケッチのやり取りでスゥゥと話が進んでいきました。 

全てナラ無垢材。 天板、リーフには反りや合わせ目のはがれを防ぐためにハシバミを両側につけました。 エクステンションのリーフは真鍮製の兆番よって90度の上げ下げが可能です。 天板下に収納された角棒を伸ばすことによってリーフは固定されます。 人がヒジをついてもまったく動じません。 古い家具でも良く見かける構造です。 脚のひと角をRにし天板まで伸ばせばR部に影が生まれ脚が細く見えます。 また全体のフォルムを優しく穏やかにしてくれる効果もあります。 

ワイン、お醤油をこぼしても染みこまない天然オイルを浸透、硬化させています。 もちろん気の肌触りはそのままです。
お問合せ
 
order made - dining table 
W:1650 D:850 H:720
hike design / japan / 2010
220.000 + tax

「主張しない簡素なテーブル」 「古いダイニングテーブルはエクステンション式ばかり・・・一枚の大きな天板が欲しい」 「ウェグナーCH23と合うように」 「天板はチーク材でシマが多いほうが良い」 などなどのリクエストをいただきました。

上記のリクエストを満たすテーブルを製作しました。 確かに古い家具はエクステンション式ばかりでサイズも小さいモノが多い。 一枚の大きな天板が欲しい方にとっては、そんなテーブルを探すのは難しい状況でしたが、今回のテーブルをきっかけに色々ご提案ができそうです。 そんなヒントをくれたお客様には感謝ですね。 本来であれば、チーク無垢材の天板が良かったのですが、時代は大きく変わって程度の良いチーク無垢材を見つけることは大変難しいのです。 そこで今回はチーク突板材を使うことに。 お持ちの家具に合わせて色を調合、そして着色し、仕上げにはウレタン塗装(ツヤなし)を拭き、最後に軽く天然素材のワックスを使ってツヤをだしました。 自然なとっても良い表情になりました。 見た目は古い家具みたい。

他に・・・天板高さに対してCH23椅子の背とのバランス、 脚に少し意匠を持たせたかったので、真中付近を少しぷっくりと、 天板は幅30mmで安定感を演出、CH23の繊細さとの対比、 天板四方小口は厚み20mm無垢材を貼りR面に仕上げ、ヒジやカラダが触れても当たりが良いように、 天板下の幕板小口もR面に仕上げ、フトモモが当たっても痛くないように・・・などなど。

一枚天板でチーク材がいいなぁと思っている方どうぞご相談下さいませ。
お問合せ