こちらは旧サイトとなります。
掲載されている商品は全てSOLD OUTです。
アーカイブとしてご覧下さい。

新しいサイトはこちら。

 
dining table extention AT312(teak wood)
Hans J wegner / Andre tuck / denmark / 1960

SOLD OUT。 美しきテーブル。 幅1600 奥1000 と ウェグナー作の家庭用テーブルの中では大きなサイズ。 エクステンションを広げれば幅2600に。 

幅1400タイプであれば在庫あります。


お問合せ






 
Dining table (teak & pine wood)
- - - / - - - / denmark / 1960's

SOLD OUT。 エクステンション式ダイニングテーブル。 フレームがパイン材というには珍しかったです。 


お問合せ
 
round table with 4 chairs set (oak)
table : Φ1100+(500x2) H720
chair : W450 D550 H910 SH420
Carl Malmsten / Mobel komponerd / sweden / 1960's
460.000 + tax 

「自然を尊び」、「自然界の優しさを追求」したマルムステンのデザインコンセプトは、年を重ねた僕の思考と身体に大いなる安らぎを与えてくれます。 特筆すべき点は、「・・・鋭利な先端も角もない・・・」彼は全ての製図に必ず ”全ての角は無くすこと” と記載したことです。 人工的な素材、デザインには先がないと見据え、自然の意匠がいかにカラダに優しく、心地よい時間を家の中で過ごせるかを知っていたマルムステン。新素材を追うのではなく、自然を深く追った彼ならではの意匠は、五感を優しく包み込んでくれます。

久々に入荷したマルムステンのダイニングセット。 ラウンドテーブルとしては小さめですね。 スペア天板を2枚セットすれば最大幅2100まで大きくなり、ゆったり8人座っていただけます。 天板下の幕板がかなり内側にセットされています。 座った際に圧迫感を感じさせないデザインは人間工学に基づいて意匠を描いたマルムステンならでは。 オークは時代の流れとともに色艶を増し、オークとは思えない飴色に。

美しいダイニングチェア。 座った際にカラダに沿うような有機的な意匠はいかにも座り心地が良さそうですね。 背もたれを限りなく薄くすることで、深い湾曲を描くことが可能となり、実際、深めのポジションに腰を入れて座れば、何ら抵抗もなく背筋が伸びて姿勢良く座ることができます。 これは飲食するにとても効果的、尚且つ健康的ですね。 肩までサポートされることでカラダはさらに開放されリラックスした状態で長く座っていただけます。  

良い椅子とめぐり合うことは、自身の健康状態を良好にし、また飲食の楽しみ、家族の団らんををさらに豊かにしてくれることでしょう。 商品はトップコンディション。 椅子の生地はオリジナルですが、お好きな生地に張替えていただけます。(生地代、ウレタン交換代は上記価格に含む) 一度、試席を。



お問合せ
 




 
sofa table  (rose wood)
Illumus bologhus / Bjorn willnblad (tile designer) / denmark / 1960

SOLD OUT。 
ステキ過ぎ。 陶磁器タイルのモチーフ、そして色艶・・・あぁ〜うっとり。  




お問合せ
 
sofa table AT15(oak)
W1800 D600 H480
Hans J wegner / ander tuck / denmark / 1960's
220.000 + tax 

画像をご覧いただければ意匠の美しさを感じていただけるかと。 ウェグナー作品でも突板材で製作される家具が大半ですが、このソファテーブルはオーク無垢材で製作されています。 線と線で構成された意匠は観る人に緊張感を与えますが、その緊張感はオーク無垢材ならではの木質感によって和らげられています。 そこで、これに似合うソファを探したところ・・・ありました、きっとこのソファに合わせる為にこのソファテーブルをデザインしたのではと思わせるソファ・・・それは

GE290 シリーズのソファです。

お互いのフレーム形状が良く似ていますね。 ソファテーブルの上に大きなクッションを乗せて、脚を少しカットすれば290シリーズのベットになりまそう。(そんな商品ありませんが) ソファ座面下にある木部の厚みとソファテーブルの厚みを調べたところ同じ20mm厚でした。 きっと一緒にセットした際のことを考慮し、スゥ〜と、横に流れるそれぞれの一筋の線を大事にしたかったのではないでしょうか。 290ソファとこのAT15ソファテーブル、製作ファクトリーは違いますが、そこにウェグナーの思案思索が働いていたことは間違いない!と、勝手に想像してま〜す。

「無垢材なら反ってしまうのでは?」 という心配をよそに、もう2,30年は経過しているので全く心配ありません。 天板には、木肌の質感はそのままに、耐退色、耐水、耐熱効果のあるオイルを浸透・硬化させておりますの、日常のお手入れも水拭きで結構です。 何かをこぼされてもすぐにふき取っていただければ輪染みの心配はございません。 もし、もし、大きな染み、傷が入ったとしても、無垢材なんでいくらでもリセット可能です。 商品はトップコンディション。






お問合せ